性の悩み、それは誰にでもあるもの。
特に 10 代、20 代に多い悩みや相談に、
SEXOLOGY の専門家チームが答えます。

よくある悩み

アンダーヘアは剃るべき?

まず、基本的に脱毛はビジネスです。煽り言葉に気をつけましょう。また、お産に関する国際的な指針でも、出産の時に毛を剃ることは不要とされています。アンダーヘアはないほうが衛生的、との意見もいまいち疑わしいものです。ヴァルヴァと同じくアンダーヘアの薄い濃い、カタチや生え方も人それぞれ。もしもアンダーヘアが多すぎて不快だったり、整えたいと思うのであれば、注意して行いましょう。皮膚が弱い人は、自分でカミソリで手入れをしてしまうと痒みやかぶれを生じることも。その搔きむしりから感染症にいたることもあります。また生え途中の毛がチクチクして不快になることもあるので注意が必要です。

ペニスが小さいことに悩んでいます

ポルノでは、ペニスのサイズが大きいことが良しとされる表現が多いものですが、実際はそんなことはありません。すべての女性、男性がセックスにおいて大きなペニスを望んでいると思うのであれば、それは大きな思い込みです。まずはメディアやポルノによる刷り込みを捨てましょう。セックスはパートナーとのコミュニケーション、ペニスの大きさだけがコミュニケーション手段ではありません。

早漏は治りますか?

3人に1人の男性が悩んでいると言われている「早漏」。TENGAを使ってのトレーニングやペニスへの麻酔薬の塗布などが有効との報告もありますが、医学的な早漏の治療薬はありません。そしてそもそも「治す」必要もありません。セックスは「ペニス」や「ピストン運動」「射精」がすべてではありません。そこにとらわれていたら豊かなセックスはできません。重要なことはお互いにどんなセックスが気持ちがいいのかということを伝え合って、一緒に二人だけのセックスの形をつくることです。それによって互いの身も心も満足いくセックスができるわけです。もし「早漏」であることをバカにされたりしたら、そんなパートナーとの関係は考え直してみてください。

どうやったらストレスはなくなる?

人間関係、勉強、進路など、思春期にまつわるストレスはたくさんあります。多くの場合、ストレスの要因そのものを消すことはできません。ストレスを消すことはできなくても、コントロールすることはできます。まずは自分の悩みがどこからくるのか紙に書き出して整理してみるのもオススメです。何をストレスと感じるのか、どうしたら解決できそうか?友達に相談するだけでなく、自分と相談する”じぶん会議”をしてみませんか。自分の気持ちを整理することでストレスをコントロールできるようになります。

胸が小さくて悩んでいます

まず、医学的には胸の大きさは健康になんら関係ありません。ただ、グラビアアイドルがもてはやされ、不自然に胸の大きなアニメキャラクターがあふれる中で、不安になる気持ちはよくわかります。でも美の価値観や性的な好みは人それぞれ、大きい方が良いという思い込みを捨ててみませんか。もしもこの先、胸の大きさで人を判断するような価値観を持った人に出会ったとしてもあなたはあなたの価値観に自信を持ってください。

背が低くて悩んでいます

思春期には周り友だちの背がどんどん伸びて、自分の成長に不安になるかもしれません。でも背の高さは成長期をすぎると、変えることができないもの。身長もあなたのからだの個性の一つ。あなたの価値は背の高さでは決まりません。もしも背の高さで人を判断するような価値観を持った人に出会ったとしても、それに心が引きずられる必要はありません。

よくある悩み

月経中のセックスはOK?

月経中のセックスは、性感染症の感染リスクが高まります。月経中は膣も子宮もデリケート。経血に直接触れることでパートナーも感染のリスクが高まります。また、月経中のセックスは妊娠しないとの噂もありますが、妊娠の可能性もあります。どうしてもする場合は、もちろん必ずコンドームをしましょう。また、もしもセックスをしたくない場合は相手にNOと言える関係性を築くことも大切です。

月経じゃないのに出血することもある?

もしも気になる量の出血があった場合は、すぐに婦人科へ行きましょう。人によっては、ホルモンバランスの関係で出血したり、排卵時に出血することもあり、その場合は問題ありません。ただ、ネットでの検索だけで、その出血が危険なものかどうかは判断することは難しいです。気になることがあれば、迷わず婦人科で相談しましょう。

よくある悩み

ジェンダーの悩みを親に言えません

この数十年でジェンダーへの価値観は急速に変わってきました。きっとあなたの親世代は、ジェンダーという言葉すら知らないかもしれません。長年にわたって刷り込まれた価値観や差別意識を変えることは簡単なことではなく、あなたがもしもトランスジェンダーだったら、その理解に苦しむかもしれません。ただ、悪いのはあなたでも親でもなく、そのような価値観を築いてきてしまった社会です。今、社会はもっと良い方向へ変わろうとしています。ジェンダーの悩みを相談できる存在は親だけではなく、たくさんいます。ネットでも気軽に世界中の同じ悩みを持った人とも共感することもできます。また相談窓口で第三者に話を聞いてもらうこともできます。親にも理解してもらいたいのであればそのためにまずは親ではなく第三者に相談するといいかもしれません。

恋人を欲しいと思わないのって変?

全く変なことではないですよ。安心してください。周りがみんな恋愛にのめり込んでいると、恋愛こそ人生、のような錯覚に陥ってしまうかもしれませんが、人生において恋愛は中心にあるものではありません。自分が人と違っていても心配ないです。異性にも同性にも性的魅力を感じない人たちのことを、「アセクシャル」と呼ぶこともあります。セクシュアリティは人生を通して変わっていくものでもあるので、カテゴリーにとらわれ過ぎずに、自分の気持ちをゆっくりと観察してみてください。

同性カップルやトランスジェンダーでも子どもは持てますか?

現在の日本で、同性カップルで子どもを育てている人は実際にいます。以前に付き合っていた異性の人との子どもを今は同性カップルで育てていたり、他者から卵子や精子を提供してもらって体外受精で子どもをもうけたり、パートナーの片方が養子を迎えたり、2人で里子を育てたり。日本ではまだ同性同士の婚姻が制度化されていないので、同性カップルが同時に1人の子どもの親権を持つことはできません。トランスジェンダーとシスジェンダーのカップルで戸籍上異性同士ならば、婚姻をして一人の子どもの親権を共に持つことができます。世界では同性婚が制度化されている国はたくさんあり、年々増えています。それに伴って社会のあり方も性の多様性を尊重する雰囲気に変わってきています。例えばネットフリックスの海外ドラマでも、登場人物の両親が女性同士や男性同士であったりすることがあくまで「普通のこと」として描かれています。これは現実の社会状況を反映させたものでもあります。

よくある悩み

性的同意、どんな言葉で聞けばいいの?

性的同意を頭で理解しても「具体的にはどうやって確認すればいいの?」「セックスしそうな雰囲気の時に、なんて言えばいい?」と悩むかもしれません。たとえば、性的同意を確認するところからセックスは始まっていると考えてみるのはどうでしょうか。「したいけど、どう?」「今日はしたいな」という言葉が、良いセックスの雰囲気づくりにもなるかも。

「性的同意」があいまいなとき、どうすればいい?

「性的同意」を確認することは、安心してセックスを楽しむ上で大前提です。同意を確認するところからセックスは始まっていると言ってもいいくらいです。もし、「性的同意」を確認できないような状況(酔っ払っていたり、相手が眠そうなときなど)にはセックスしないことをオススメします。同意のない、あいまいなセックスは性暴力、性犯罪になり得るからです。加害者にも被害者にもならないために、必ず「性的同意」を確認しましょう。

女性もみんなオーガズムを感じるもの?

ポルノでは、セックスですべての女性がオーガズムを得ることがあたりまえのような表現が描かれることが多いですが、実際には男性と違い、女性のオーガズムは曖昧なものです。人によって感じ方が違ったり、気づかないこともあるくらい。セルフプレジャーでは感じるけれどセックスでは感じにくい人もいます。そしてもちろん、女性が快感を追求することは全く悪いことではありません。相手に自分のしてほしいことを伝える、自分も相手に聞いてみるなど、パートナーと話してみることもオススメです。

セックスのことばかり考えてしまう

セックスに興味をもつこと、セックスをしたいと思うことは、おかしなことでも悪いことでもありません。でも、もしも、あなたがリスクをおかしてまで、性行為やマスターベーション、性にまつわる趣味嗜好がやめられない場合は心配です。お金がないのに風俗通いをやめられなかったり、仕事をすっぽかしてまで性行為にふけってしまったり。「やめたいのにやめれない」「コントロールできない」と感じたら注意が必要です。そういった気持ちがエスカレートした先に、痴漢や売買春などの性犯罪に巻き込まれる可能性があります。また、「性嗜好障害」(セックスへの依存症)という病気の可能性もあります。そういった病気専門にする精神外来や、サポートするための自助グループもあります。まずは自分の性欲がどの程度のものか、冷静に見つめてみましょう。

よくある悩み

子どもの頃からマスターベーションをしているけどおかしい?

全くおかしくありません。実は、1歳~5歳の幼児期にとっては、マスターベーションは指しゃぶりのようなもので、非常によくあることです。性器を触ると気持ちがいいということは人間として正常で健康なこと、自分を大切に感じる行為です。もしも子どもの頃に大人から叱られた経験があったとしても気にせずに。その世代は正しい性教育を受けてこなかったからです。海外では、幼児のマスターベーションは性教育を始めるのに良い機会になるとも言われています。ただ、マスターベーションはプライベートな行為なので、プライバシーが確保された一人の空間で行うようにしましょう。

女性はマスターベーションしないものですか?

そんなことありません。女性でもマスターベーションをすること、性欲があるということは人間として普通のことで、恥ずかしいことではありません。男性に比べるとマスターベーションの話題に触れることがあまりないのでマスターベーションをする女性が少なく感じるかもしれません。ただ、これはとってもプライベートなこと。男女問わず、マスターベーションのことを公共の話題に持ち出したり、親しくない相手に興味本位で聞き出したりすることはマナー違反です。

マスターベーションのやりすぎで死ぬ人がいるって本当ですか?

全くの嘘です。“テクノブレイク”と検索するときっと恐ろしい情報がネット上でたくさん出てきますね。でもこれは完全なる嘘、都市伝説のようなものです。医学的事実ではありません。その他にも、マスターベーションをしすぎると、身長が伸びなくなる、頭が悪くなる、ニキビが増える、など色々な噂がありますがこれらはすべて嘘です。ご安心を。

よくある悩み

出産は若ければ若い方がいいの?

答えはノーです。成人前の妊娠は「若年妊娠」と言われており、医学的にも母子への負担が大きいと言われています。18 歳以下の体はまだ未発達なため、流産・早産になりやすかったり、子宮内で胎児が育ちにくい可能性が高くなる身体的なリスクがあります。
もしもあなたが18 歳以下での妊娠や出産を考えているのであればそのようなリスクを知っておくことは大切です。

高熱を出すと精子が死ぬってホント?

精子は熱に弱いため、高熱を出した直後、サウナに入った直後などは精子の数が著しく減少することがあります。ただ、それは一時的なもので、2、3ヶ月ほどで回復します。高熱で精巣にダメージを与えることは確かですが、「40度の熱を出した人は100%全員不妊症になる」という解釈は誤解です。

「安全日」なら妊娠しない?

まず、女性の体に100%妊娠しづらい「安全日」という日はありません。あなたは自分の排卵(いちばん妊娠しやすい日)がいつ起きたかを正確に把握できますか?基礎体温を計っていないと、正確には把握しづらいのが排卵日。そこから逆算して予測した生理前の時期が「妊娠しづらい期間」にあたります。でも、これはあくまでも予測でしかないのです。なので、妊娠を望まない場合はからなず避妊をしてくださいね。

よくある悩み

将来子供が欲しいけれど何才まで産める?

医学的見地からみると、妊娠・出産の適齢期は20代です。男性も35歳くらいから妊孕性は落ちてきます。35歳頃から妊娠率が下がり、流産や妊娠合併症の比率が高くなっていきます。自然流産の確率は30〜34歳までが10%。35〜39歳では20.7%にあがると言われています。したがって、自分は何歳までに何人子どもがほしいのかということを考えて、逆算してみると妊活の目安になるかもしれません。ただし、このことにも個人差があります。女性の場合、閉経していない期間に避妊をしないセックスをすれば妊娠の可能性があります。40代以上で出産している人もいます。若くてもなかなか妊娠に至らない人もいます。安定した月経周期など、基本的な健康管理も重要になります。気になる場合は、お医者さんに相談してみてもいいかもしれません。

よくある悩み

出産が痛そうで怖いです

映画やドラマの出産シーンを見ると、こんな痛そうな思いするのはコワイ!と思いますよね。出産と聞くと、分娩台の上で仰向けで産む姿のイメージがあるかもしれませんが、実はそれは妊婦さんにはとっても苦しい体位。妊婦さん自身が好きな体位で痛みを緩和しながら出産する「アクティブバース」を選択することもできます。また、痛みのもとになるのが会陰切開や陣痛促進剤。実際、これらは出産時間のコントロールのために使う病院が多く、WHOのガイドラインでは、どちらも不要だし、むしろ妊産婦に危険ということを勧告しています。病院まかせ、医者まかせの出産ではなく、自分が主体的にどんなお産にしたいかを考え、「痛いだけの出産」ではなく「自分らしい出産」を選択してください。

よくある悩み

コンドームをつけるのは誰の責任?

まずは男性側が自分でつけるようにしましょう。(異性間でも同性間であっても。)子どもを作らない、性感染症を予防するのであれば、相手を不安にさせない、「付けて」って言わせない、それが「相手を大切にすること」だと思います。そして、女性にとっても、コンドームはペニスにかぶせるだけのものではなく、女性自身の体にも密着するものです。女性も、男性に任せきるのではなく、自分自身で避妊法を選択するようにしましょう。女性が自分の口から避妊の話題を持ち出すのはちょっと言いづらく感じるかもしれませんが、慣れましょう。カップルの関係であれば、一緒にコンドームを買いに行ったり、セックスや避妊、性感染症予防のことを普段から話すようにすることで、安心してセックスを楽しめます。

よくある悩み

中絶することを親に秘密にしたい

人工妊娠中絶手術は母体保護法に則って安全に行われ、18歳未満の未成年の場合、親の承諾が必要になります。しかし、どうしても親に話せない事情がある場合は、保健所の保健師さんや産婦人科の医師に相談してみてください。あなたには産む権利も産まない権利もあります。これは、あなた自身があなたの人生を自分で選ぶ権利です。大切なことを考えるには時間が必要ですので、一刻も早く受診をするようにしてください。

よくある悩み

親にバレずに検査できますか?

HIV検査は親に言わなくても、匿名無料で検査できます。その際にその他のSTIも検査することができます。「HIV検査・相談マップ」から簡単に検索できるので調べてみてください。ちなみに、検査の際には、住んでいるところも本当のことを言う必要はないので、県をまたいで検査することもできます。もちろん、年齢を偽っても大丈夫。その場合は、しっかりとシナリオを考えておくことと、きちんと結果を自分で聞きに行くことが大切です。また、検査の時には、保健所の人がいろいろと相談にも乗ってくれるはずなので安心して検査へ行ってください。症状が出て心配になってから検査に行くのではなく、性的関係を持つ前にパートナーと行ってみる、普段から定期的に検査することがオススメです。

ワクチンの副作用ってコワイ?

副作用の心配は「ゼロ」ではありません。子宮頸がんワクチンの副作用は一時期ニュースでも話題になりましたね。ただ、その報道によって、ワクチン=危険という印象が強く残ったかもしれません。実際にはワクチンによる副作用が起きるケースは非常に稀であること、またその原因が本当にワクチンにあったかどうか不明なこともあります。ワクチンの副作用と同時に、ワクチンを選ばなかった時のリスクについても考える必要があります。どちらがいいとは一概に言えません。難しい問題ですが、信頼できる情報(根拠がしっかりした情報)に辿り着くことがとても重要です。インターネットは情報の海です。広い海の中で自分一人でそういった情報を見つけ出すのはとても困難です。このサイトの情報を参考にして信頼できる情報源をみつけたり、情報の信頼度を判断する力を身につけてください。その選択があなたの命に関わることだから。

男性同士のセックスならコンドームはいらない?

いいえ。コンドームは必要です。妊娠の可能性がないため男性同士では避妊の必要がありませんが、感染症を防ぐ意味では、コンドームは必須です。菌やウイルスは人の粘膜から体内に侵入します。菌やウイルスは性別を選びません。菌やウイルスを含む体液(精液や血液、唾液)が口、ペニス、肛門、直腸等の粘膜につくと感染します。したがって、フェラチオ、アナルセックスの時でもコンドームは必要です。特に直腸の粘膜は傷つきやすいのでコンドームは必須です。もちろん女性同士のセックスでも性感染症予防は必要です。

よくある悩み

性暴力ってどんな時に起こるもの?

レイプ、性暴力と聞くと、暗い道で急に見知らぬ人から襲われるようなことをイメージする人も多いかもしれません。しかし、そのような知らない人による犯行はたった1割で、実際には顔見知りによる犯行がほとんど。信頼している人からの性暴力を断れないケースも多いです。たとえば、最近は付き合っている恋人から性暴力を受ける「デートDV」が増えています。相手を束縛したり、携帯を見たり、無理やりセックスを強要するなど、性行為を伴わなくても「相手を支配する行為」はすべて「性暴力」になります。たとえ恋人であっても他人は自分のモノではありません。性犯罪は「他人を支配しようとする」心から生まれる犯罪行為です。「この人、自分のことを支配しようとしてる?」と気づくことで防げる性暴力もあります。

よくある悩み

アニメのキャラにしか興奮しないのっておかしい?

おかしいことではありません。あなたはそのアニメのキャラのどこに興奮するのでしょうか?見た目?セリフ?性格?アニメのキャラは私たちのさまざまな欲望が投影されて描かれていますよね。だからこそ私たちはそこからさまざまな刺激を受けます。きっとそのことも分かった上で好きな気持ちがあるんだと思います。アニメに限らず、100 人いたら100 通りの趣味嗜好があるもの。「二次元コンプレックス」「オタク」などと呼ばれ世間から嫌な目で見られることもあり、不安になるかもしれません。でも他人や社会に迷惑をかけていない限りは問題ありません。性的嗜好は誰にとっても自由なもの、自分を異常だと思って責めずに、自分の気持ちを観察してみてください。

よくある悩み

仲間のなかで自分だけ浮いている気がする

グループの中にいると、自分だけ浮いている気がしたり、居心地の悪さを感じることもあるかもしれません。それによって、自分が友達よりもつまらない人間だと思ったり、マウンティングされたような気持ちになったり。ここで大切なのは、あなたは全く悪くないこと。そのような意識を植え付ける側に問題があります。友達関係においても「支配する」「支配される」という感覚を感じたら危険信号。あなたの今いる世界はとっても小さな世界です。その世界の外にはたくさんの別のコミュニティがあります。一つのコミュニティの中での自分の評価に惑わされて、自分の評価を下げてしまうのはもったいないことです。

パートナーの浮気がゆるせません

恋愛関係や性的関係を二人の間だけに限定する約束をしていたのに、それを勝手に破られてしまったら、信頼関係が崩れるだけではなく、自分への愛情が嘘のように思えて悲しくなりますよね。または約束を破られたことで腹立たしく思うかもしれません。婚姻においては性的関係を二人の間に限定するという約束も含まれるため、相手の浮気行為は離婚の理由として認められます。また法的に慰謝料を請求することもできます(同性パートナーでも認められた判例があります)。しかし残念ながらいくらパートナーといえども他人の行動や気持ちを完全にコントロールすることはできません。ゆるせない気持ちもわかりますが、他者との関係に固執したり恋愛関係に依存することが、もしかしたらあなた自身を苦しめてしまうかもしれません。

よくある悩み

とにかく痩せたいです

まずは本当に痩せる必要があるか、自分の体脂肪率とBMI をチェックしてみましょう。もしも「太り過ぎ」という判定なのであれば、生活習慣病の予備軍になるので何か対策をしてみましょう。そして数値的に「標準」や「痩せ」であっても理想の体型になるために「ダイエット」ではなく「ボディメイク」「カラダづくり」をすることはとてもいいことだと思います。ただどちらの場合も注意しなければいけないのは「痩せる」のではなく「体を作る」こと。良い栄養をしっかりとって、体をたくさん動かしましょう。

よくある悩み

SNSを使用したパパ活ママ活。セックスしなければ大丈夫?

セックスはナシ、おしゃべりしてデートするだけで年上のお金持ちからお小遣いを稼げる!欲しいものも簡単に買えるし旅行だってタダでいけるかもしれない。バイトするよりも楽チンで効率が良いと思うかもしれません。そんな、気軽にはじめた「パパ活」から性犯罪に巻き込まれるケースが増えています。二人きりの空間で、約束していない性行為を強要されても誰も助けてはくれません。パパ活の紹介をしてくれる、という軽い話が、脅しに変わり、売春を断れなくなるケースもたくさんあります。「自分だけはそんなことに巻き込まれない、うまくやれる、大丈夫」と自分を過信することがこの犯罪のはじまりです。

別れた恋人とどうしてもやり直したい

大好きだった人との失恋、本当に心が苦しいことですね。もしかするとネットで「失恋」と検索して色々なヒントを読んでも立ち直れず、「復縁」の検索ワードにたどり着いたひともいるかもしれません。でも、この「復縁」が実は危険なビジネスの場になっていることを知っておいて欲しいです。「絶対に復縁できる」「やり直せる」などという魅力的な言葉で高額な請求を求めるビジネスや占いが蔓延しています。でも冷静に考えてみてください。どんなにお金を払っても、他人の心を買うことはできません。他人も自分も誰を好きになるかならないかは自由なもの。世の中にある詐欺や犯罪は、「失恋」など心が弱っているスキをみてあなたに近づいてくることを知っておきましょう。

よくある悩み

家族のことが好きになれません

ドラマなどでは理想的な家族の絆が美しく描かれることが多く、自分がその「理想的な家族」に当てはまらないと不安な気持ちになるかもしれません。でも、自分の家族が好きになれないことは、普通のことです。私たちは親を選んで生まれてくることはできないからです。でも、家族と距離をとることはできます。進学や就職に合わせ一人暮らしをしたり、アルバイトをして家にいる時間を減すこともできます。もしも、深刻な問題があれば児童相談所や保健師に相談してみてください。また、時間や環境が変われば関係も感情も変わることもあります。そして、自分自身が多面的であるように、あなたの親・家族も親や家族をやっているだけではなくて、多面的であるということを見ることも大切だったりします。