思春期に起こること 女性

あなたのペースで変わる、あなたのからだ。

body puberty female 0
思春期とは8歳から18歳頃くらいまでといわれ、その変化には個人差があります。女性の性にかかわる部分が急速に変化する時期、その変化を人とくらべて不安になったり、焦る必要はありません。 以下に、思春期に起こる様々なからだの変化を示してみます。
body_puberty_female_1
・乳房が大きくなっていく
乳房の発達は、一番最初に起こる思春期の変化です。女性ホルモンの指令を受けて、乳首の後ろにある小さな隆起が成長して、乳房を発育させていきます。左右差があっても何ら心配はありません。できればこの時期は、伸縮性のあるブラジャーを身につけましょう。

・身長が伸び、お尻やからだに脂肪がついて丸みをおびてくる
身長の成長が進み、中には男の子より高くなる人もいるでしょう。初経(初潮)が始まるころには、身長の伸びはゆるやかになる場合が多い。

・陰毛が生えてくる
わきの下や脚など体に毛が生えてきます。特に目立つのは性器の周りに生える陰毛ですが、決して恥ずかしいことではないので、抜いたり剃ったり、自己流で処理しないことです。

・汗、体臭が増える
汗腺の働きは思春期になると活発になり、体のニオイも増すように。気になる人はデオドラントを使ってもよいでしょう。また、ホルモンの影響で肌が脂っぽくなり、顔や体ににきびができることも。

・月経(生理)が始まる(初経、初潮)
女性は大人になると、だいたい毎月1回、約3〜7日間、自分の意思とは関係なく、性器から血液等が外に出される月経を迎えます。初めて起こる月経のことを「初経(初潮)」といい、50歳くらいまで、この現象と付き合うことになります。はじめの2年間くらいは規則的に来ないことも多く、避妊をしない性行為のあとに月経が来なくてもいつものことと思い込んで妊娠に気づかないことも。月経の周期の変化で、腟分泌物(おりもの)も増えてくる。

ちなみに、思春期の発育の順番は「乳房」→「陰毛」→「初経」です。多くは11歳までには乳房発育が、13歳までに陰毛出現、14歳までに初経を迎えます。あくまでも個人差があるので過剰な心配をする必要はありませんが、高校生になっても月経が来ない人は、婦人科を受診しましょう。

よくある悩み

胸が小さくて悩んでいます

まず、医学的には胸の大きさは健康になんら関係ありません。ただ、グラビアアイドルがもてはやされ、不自然に胸の大きなアニメキャラクターがあふれる中で、不安になる気持ちはよくわかります。でも美の価値観や性的な好みは人それぞれ、大きい方が良いという思い込みを捨ててみませんか。もしもこの先、胸の大きさで人を判断するような価値観を持った人に出会ったとしてもあなたはあなたの価値観に自信を持ってください。